2010年10月17日

平成22年(2010年)秋 SM試験(in駒場高校)

今回は、ITサービスマネージャ(SM)を受験しました。
2009春にAPに合格して以来、1年半ぶりです。

前回(2010春)と前々回(2009秋)は、前日の夜間から朝にかけて
仕事があったため、受験できませんでした。

試験勉強は、前日1時間だけ。去年のSM午前Uを解いて20/25(80%)できた。
難関は論文なのだろうが、今さら勉強しても無理だと思い、諦めた。

会場は、日本工業大学駒場高等学校(井の頭線駒場東大前)でした。
SMは、年齢層が高く、自分含めておっさんが多い。
また、高校の会場は、イスが痛い。部屋も換気されておらず暑い。
環境コンディションはあまりよくなかった。


さて、今回は、午前Tが免除なので、午前Uから。ちょっとした優越感。

■午前
20/25(80点)
http://www.jitec.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2010h22.html

JISQ20000やITILを知っていないと分からない問題がかなりある。
消去法で絞りつつ、最後は適当に回答。結局、60点に対して、80点だから通過したな。
それにしても、60点以上通過って低すぎないか?


■午後T
○問1.ITサービス継続性管理
○問2.可用性管理
 問3.サービスデスク
 問4.情報セキュリティの運用と管理

このうち、問1と問2を選択。ITサービスマネージャの視点というものが
未だにしっくりきておらず、回答が導き出せないものがあった。


■午後U
 問1.ITサービスの構成品目に関する情報の管理
 問2.リリース管理
○問3.インシデント発生時に想定される問題への対策

問3を選択。出だしの1文がうまく書けず、20分程経過してしまった。

とりあえず、書き進めていくが、設問ウで時間が20分程しかなくなってしまい、
最後は適当に書きなぐって、とりあえず600字埋めた・・。
手首が腱鞘炎になったように激痛が走る。

久しぶりに脳をフル回転させたようで、試験後頭がスッキリした。
集中して論述するのって、ストレス解消になったりするのかも!?


■総括
やっぱり鬼門は論述。準備なくして合格なし。

posted by くるりヘアー at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習履歴(ITサービスマネージャ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。