2006年10月17日

来年に向けた反省

今日は、仕事に熱中し、昨日の状況を思い出せないようにしていた。
でも、電車の中で、昨日の問題が浮かぶ。
今週は、ずっと悩もうと思う。なぜ、惨敗だったか。

くやしい。ホントにくやしい。

もしかしたら見るかもしれないと思って今朝、かばんに忍ばせておいた午後問を帰りの電車で開いた。午後T問1をじっくり読んでみたら、「んー、わかる。だいたい理解できる」

どうしてだろう。本番、ホントに頭が真っ白になった。実力の半分もだせなかったように思う。

なぜだろう。もう一度問題をやってみるといいヒントが見つかるかもしれない。というのは、

「時間をかければできたのか」それとも「時間をかけてもわからなかったのか」によって、惨敗の理由が異なると思うからだ。

時間をかけてもわからない場合は、明らかに知識・技術不足。まだまだ勉強の余地があると思われる。

さて、「時間をかければできた」場合。この場合、

@短期間に題意を読み取る能力にかけていた。
ANWに対する知識の引き出しが少ない。反射的に頭に浮かばない。

といったことが考えられそうだ。

@については、今日本気で大学受験用の「現国」の問題集買おうかと思った。
これは、もはやNWの知識ではない。国語だ。

Aについては、例えば「ルータの負荷は?」と聞かれて「フィルタリング、ルーティング、再分割処理、チェックサム再計算…」と頭に反射的に浮かぶかどうか。

また、「L2-SW,アクセス制御、ハードウェアに依存、保守大変」というキーワードで「MACフィルタリング」が頭にうかぶかどうか。

たとえ、NW参考書の内容が完全に頭に入っていても、それを「引き出す方法」や「何をひきだしたらよいのか」がわからなければ、意味がない。

今回の惨敗理由は、知識習得の他に@とAについての訓練が必要だったかと思う。

以上を踏まえて、NW再挑戦に向け、新たに計画を立てようとしている。いつもの自分の性格上、試験の後は軽くうつっぽくなる。でも、このショックで倒れるにしても前かがみに倒れたい。

大枠の計画の中で今迷っているのは、SV試験を受けるか、SM(システム管理)試験を受けるかだ。
NW受験者は、だいたい秋はSV試験を受ける。ただ、SM試験はSV試験にはない論文がある。これがミソだ。小論文を書くには、@やAの訓練にはちょうどよさそうである。また、システム管理の仕事も1年経験しており、問題によってはNW系の問題もでるので、まるで手が出ないわけではない…と思う。

NWの復習が終わったら、しばらくSVとSMの過去問をやってみて、決めたい。





posted by くるりヘアー at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習履歴(ネットワーク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。