2014年06月23日

合格〜2014年(H26年)プロジェクトマネージャ

平成26年度 春期 Iプロジェクトマネージャ試験 成績照会
受験番号  xxxx の方は,合格 です
午前T 得点***.**点
午前U 得点68.00点
午後T 得点73点
午後U 評価ランクA
=========

まさかの一発合格。
論文はBかCか?と気にしていましたが、まさかAとは思いませんでした。
ただ、実はあまり喜べず。。(もちろん会社の報奨金をいただけるのは嬉しいですが)

率直に、試験問題のレベルが下がったと言わざるを得ません。
昔のPMは合格率数パーセントのまさに難試験だったわけで、
到底受かるような位置にありませんでした。
それが、制度改正で倍近い合格率になり、資格は大きくその価値を失ったわけです。

ネットワークスペシャリストのときは、過去問を全て解いて、
学習スクールを二つ掛け持ちして塩漬けで勉強しても、なお合格できない状況でした。

今回の少ない学習時間だけで合格してしまうというのは、
なんとも物足りなさを感じます。

一方で、それでも合格率12%程度の試験に一発で合格、
しかも苦手な論文試験に合格したというのはもっと自信をもってもよいと感じました。

特に今後もプロジェクトマネージャとして仕事をしていきたいので、
この合格を糧にもっとみなさんのお役に立てる仕事をしてきたいと思います。



 




posted by くるりヘアー at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習履歴(プロマネ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

平成26年(2014年)春 プロジェクトマネージャ試験(明治学院大学)

平成26年(2014年)春 プロジェクトマネージャ試験(明治学院大学)

■準備
3月頃は、三好本を買って、テンション高めにやっていたが、早々タイムマネジメント編で力尽きた。豊富な情報量に圧倒され、途中でやる気をなくし、更に並行稼働中の英語学習に逃避した。
前日、勉強するからと一人にしてもらったが、途中で寝てしまい、帰ってきて嫁から集中砲火を浴びた。子供にまで「おとーさんはすぐ寝るからだめ」と嫁そっくりの口調で言われてしまった。。

■場所について
前回専修大学でひどい目にあったので、受験場所を”東京”にしたら明治学院大学になった。電車の時間が長いが、駅から10分以内でまずまず。2chをみていると、今回の専修大学では、電車遅延があり、受験できなかった人もいたらしい。

■結果
【午前U】
20時の回答速報で自己採点した結果、68(17/25)で通過見込。
今年はPMBOKだらけ。全く午前用の勉強をしていないので、年々、悪い点数が出る。
今回は特に、ITACの採点では、52点で不合格だったので、20時が待ち遠しかった。
次回は午前Tから受けねばならず、ある程度勉強しないと厳しいと思われる。

【午後T】
今回から3問中2問選択。問2が多少勉強していた進捗管理だったが複雑そうな表を一見して除外。消去法で問1,3を選択。

〔問1 人材管理システムの構築〕
設問1
 問題点の共通項を抽出し要求を集約しやすくするため。
設問2
(1)各記入シートへの記入の手間、及び記入のしづらさに対する改善要望
(2)
  リスク:不正確な情報を入手してしてまうリスク
  対策  :記入項目と記入方法を統一する
設問3
(1)過去の類似案件の経験者や必要な公的資格保有者を迅速に把握したいという要求
(2)各部門からの問合せに対応したいというニーズが一致しているから
設問4
(1)現場の問題点をより多く的確に抽出し改善要望に反映できるから
(2)人的機密情報にアクセスされるリスク

〔問3 生産管理システムの再構築〕
設問1
ギャップ:H社の契約窓口の仕様は明確という主張に対し実際の仕様が不明確である点
リスク:不明確な仕様を明確にする工数が増加し最終的に納期を守れなくなるリスク
設問2
不明確な仕様に対しては一部現行機能の変更を可とすること
設問3
(1)比較検討でき最適な契約先を選定できる
(2)内部設計〜総合テストを請負契約とする
設問4
(1)実績照会の新機能は現システムになく、その確認ができないため。
(2)
  リスク:不明確な仕様によるシステム障害の発生
  対応策:現システムに切り替えて運用する

【午後U】
今回から選択肢が2問に減った。
問1がコスト、問2が調達管理。ネタが思い浮かんだので問2を選択。

設問ア
金融機関A社の事案。HWEOSに伴う貿易管理システムの再構築。
私はA社のシステム部のプロジェクトマネージャ。
納期と品質が厳しい。コストは緩い。
通例通り、子会社であるB社に委託。
10名の組織体制。そのうちDB移行とファイル移行が超大量データであり難しい。
要員に期待した能力はこの移行を完遂するだけの技術的な知識。
この2つの移行がポイントだったので、専任者をアサイン。
B社のC氏をチームリーダーに任命。

設問イ
(1)事態
週次進捗ではオンスケで課題もほぼないという報告をC氏から受けていた。
インフォーマルな実担当者との雑談で以下の点発覚。
・DB担当〜オンスケ、課題なし。ファイル移行とも合同でテストした方がいい。
・ファイル担当〜テストトラブルあり。技術的な課題多く、問合せに時間を要している。残業多い。休暇ほしい。
C氏は「確かにDBがアドバンスでファイルがビハインドだが、移行タスク全体でみれば、オンスケ。テストトラブルも課題とまでは思っていない」との回答。
(2)対応策
・プレミアサポートの利用
・OS技術サポートのヘルプ
・追加の移行テストの計画
(3)実施状況
概ねよい

設問ウ
(1)根本原因
進捗会議のやり方がまずい。WBSの報告対象が大項目だけで細部の進捗遅れに気付けなかった。
また、報告資料もWBSと課題管理表だけで、テストトラブルを把握できなかった。
(2)再発防止策
・WBSの報告内容を詳細化してもらった
・テストトラブル表も報告対象とした
・掲示板を開設した
・インフォーマルコミュニケーションを積極的にとり、相互連携を重視した
(3)実施状況
概ねよい。最終的にうまくいって、プロジェクトは成功。

【雑感】
・設問イで「その工夫」にふれていない。専任化を設問イの工夫にしてもよかったか。。
・委任を委託と書いてしまった
・30分骨子検討、30分で設問ア、35分で設問イ、ここで残り残り25分しかなく、焦る。
・骨子に時間をかけすぎた。設問ウの600文字は意外に筆が止まりやすかった。
・SMのときは確実に設問ウが600文字未到達でNGだった(D判定で採点もしてもらえていないはず)
・今回は一応書ききった点は評価したい。
・時間が奇跡的に3分程度余ったので、読み返したらそもそも題名を書き忘れていたり、誤字を3か所みつけた。見直しは重要。
・今回の論文、ぜひ採点してほしい。BなのかCなのか、知りたい。Dだと半年立ち直れない気がする。






posted by くるりヘアー at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習履歴(プロマネ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

平成25年度 秋期 SM 午後2でアウト

平成25年度 秋期 ITサービスマネージャ試験 成績照会
受験番号 SM の方は, 不合格 です
午前T 得点***.**点
午前U 得点76.00点
午後T 得点77点
午後U 評価ランクD

初めて午後2までいった。それはよかったこと。
ただ、やはり論文は採点されなかったか。
字数が圧倒的に足りなかったし。





posted by くるりヘアー at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習履歴(ITサービスマネージャ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

平成25年(2013年)秋 ITサービスマネージャー試験(in 専修大学生田)

まず、遠い。。
高度試験の場所、もう少し近場にしてほしい。

まず向ヶ丘遊園駅まで40分強かかった上、駅から大学まで更に25分程度歩く。
しかも大雨、急坂、自販がない。
更に、空調がきいていないので蒸し暑い。

午前T免除も次回の春で最後。
午前T免除は本当に有難いので、次、なんとか受かりたい。

【午前U】
76(19/25)で通過。
いいほうにカンが働いた。運もあったと思う。

【午後T】
〔問1 システムの移行〕

設問1
 発注情報を新本部サーバに送ってしまうため、発注情報ファイルが更新されず、商品が発注されない。

設問2
 3月は来店客数と売上高が通常比約2倍のため、障害発生時のリスクやデータ量増の影響が大きいため。

設問3
(1)現本部サーバの各ファイル・DBのデータ件数や容量などを記録しておき、新本部サーバのデータと差分をとる。
(2)3
(3)
 (a)現本部サーバで実施予定のや缶バッチ処理を現本部サーバのデータ投入後に実施する。
 (b)40分


〔問3 サービスの運用〕
設問1
(1)SD
(2)オペレーションチームの受け入れ体制の構築、及び手順書の整備

設問2
(1)
(a)B
(b)Bの種類が通知のため経理担当者に連絡されない。
(c)Bの種類を警告に設定し、経理担当者に連絡されるよう運用マニュアルを整備する。
(2)本来検知すべきリソース異常を見逃し、システム障害の発生リスクが高まるため。

設問3
(1)6時から8時の時間帯で可能要員数に対する必要要員数の比率が100%になり要件を満たさないため。
(2)6時から8時の時間帯の可能要員数を増員する。


【午後U】
問1の兆候管理を選択。
DBサーバのCPU利用率の閾値超過の話を書いたが、
途中で手のひらや親指が痛くなり、書くところではなくなってしまった。
設問ウの途中で時間切れ。
どうもITサービスマネージャの視点が弱いなぁと感じる。




posted by くるりヘアー at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習履歴(ITサービスマネージャ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

平成25年(2013年)春 プロジェクトマネージャー試験(in専修大学生田)⇒受験せず

初めてPMに申し込みましたが、
風邪をひいてしまい、受験できませんでした。

…というのはいいわけで、受験しようと思えばできたかもしれませんが、
元々勉強しておらず、更に前日の仕事が遅くなったこともあり、モチベーションを保てませんでした。

posted by くるりヘアー at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習履歴(プロマネ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

平成24年(2012年)秋 ITサービスマネージャー試験(in 川崎科学高校) ⇒不合格(午前Uでアウト)

昨年の受験記ですが、書き忘れていたので、記録しておきます。

受験会場は川崎からバスで行くほど遠いので、
車で送ってもらった。会場は非常に寒い。

結果的に午前Uで大敗という屈辱。ITILがほぼ全滅。
知らない単語が多すぎて類するするにも限度がある。
午後Tには手ごたえあり。午後Uはアウト。
やはり書いた以上は採点してほしいものだ。

未だにITサービスマネージャーの立ち位置がよくわからない。

午前T得点 ***.**点
午前U得点 44.00点
午後T得点 -
午後U得点 -


posted by くるりヘアー at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習履歴(ITサービスマネージャ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

情報セキュリティスペシャリスト履歴


-----------------------------------------------------------------------------
平成18年度 (2006年)春 テクニカルエンジニア(情報セキュリティ) ●不合格●
午前 :615
午後T:370
-----------------------------------------------------------------------------
平成19年(2007年)春 情報セキュリティ ●不合格●
午前: 600
午後T: 585
午後U:-
-----------------------------------------------------------------------------
平成23年(2011年)春 情報セキュリティ(in新横浜岩崎学園) ●不合格●
午後T:-
午前U:72.00(18/25)
午後T:84
午後U:52
-----------------------------------------------------------------------------
平成23年(2011年)秋 情報セキュリティ(inパシフィコ横浜) ●不合格●
午後T:64.6(19/30)※1問3.4点で計算
午前U:68.0(17/25)
午後T:57
午後U:-
-----------------------------------------------------------------------------
平成24年(2012年)春 情報セキュリティ試験(in 神奈川大学) ●合格●
午後T:-
午前U:76.0(19/25)
午後T:62
午後U:63

posted by くるりヘアー at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習履歴(情報セキュリティ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

合格!情報セキュリティスペシャリスト  5回目

平成24年度 春期 情報セキュリティスペシャリスト試験 成績照会
受験番号 SC328-1125 の方は, 合格 です
午前T得点 ***.**点
午前U得点 76.00点
午後T得点 62点
午後U得点 63点


奇跡というべきか、ギリギリで合格していた。

午後Tでは、時間をかけた問4のできが悪く、
せっぱつまって回答した問3がよかったと思われる。

また、午後Uは自信があったのだが、実はギリギリだったという点も驚きだった。

今回も全く勉強していなかったので、あまり達成感がないが、
とりあえず、受かってしまえばこっちのものだ。


次は、SM(システム管理)だ。

春試験はどうしよう。受けるのなくなってきた。PMかな。。





posted by くるりヘアー at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習履歴(情報セキュリティ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

平成24年(2012年)春 情報セキュリティ試験(in 神奈川大学)

かれこれ5回目の情報セキュリティスペシャリスト試験です。

前回に続き、駅から遠いので、車で送ってもらいました。
午前Tは免除なので、精神的にかなり助かります。

■午前U
自己採点は、19/25(76点)でクリア。
ただ、年々、知らない問題が増えて、冷や冷やします。
・クリックジャッキング攻撃
・サイドチャネル攻撃
・PCI DSS
・ペイジアンフィルタリング
・・・

■午後T
問3、問4を選択。
しかし、問4に時間をかけすぎ、問3がよくわからず、半分白紙に近い状況。

【午後T】

■問3(保守作業の証跡確保)

設問1
(1)メッセージ認証 ×改ざん防止
(2)イ ×ウ

設問2
(1)エージェントモジュール ○
(2)Z社PC、中継サーバ ○

設問3
(1)作業担当者の操作履歴を削除する操作 ?
(2)保険サーバのPP1を停止する操作 ?
(3)PP1プロセスの起動・停止を検知ルールに登録する ?

設問4
(1)操作履歴を監視していることをZ社に通達する △
(2)作業計画書に記載の作業担当者だけに保険サーバへのアクセスを許可する ×


■問4(情報セキュリティ技術者の育成)

設問1
@ 受信者が安心してメールを開封しやすくするため ×
A 中身を秘匿しファイルを開封しやすくするため ×

設問2
PC1からの不正なTCP通信のポート番号を調べ、
PC1の該当ポート番号を利用しているサービス名を特定する。 ○

設問3
×
IPSに通す?

設問4
×
知らない相手からの添付ファイルは開封しない?

■午後U
問1の災害対策を選択。
過去に比べて、それほど難しいものではありませんでした。
時間も30分ほどあまり、退出。

【午後U】

■問1(災害対策)

設問1
SSL、SSH ○

設問2
(1)プロキシサーバ ○
(2)プロキシから特定WebサーバのIPアドレスへのWebアクセス ○
(3)PC未起動、ウイルス対策ソフト未起動 ○、×

設問3
(1)外部メールサーバ、外部メールDRサーバ ○
(2)×
(3)プロキシDRサーバからサービス管理Webサービスのアクセスを許可するFW-Iのルール追加 ○

設問4
(1)A社のサービス提供状況 ×
(2)コンテンツフィルタリング機能でニュース動画を制限する ○

設問5
(1)外部メールDRサーバの迷惑メール定義ファイルを最新版に更新する ○
(2)営業日以外に切り戻すため、プロキシサーバや内部メールサーバのフルスキャンを手動実行 ○


posted by くるりヘアー at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習履歴(情報セキュリティ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

H23秋SC試験結果 →午後Tでアウト

平成23年度 秋期 情報セキュリティスペシャリスト試験 成績照会
受験番号 SC357-3397 の方は, 不合格 です
午前T得点 64.60点
午前U得点 68.00点
午後T得点 57点
午後U得点 ---点

posted by くるりヘアー at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習履歴(情報セキュリティ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。